BO-ADT(バイナリーオプション オートデモトレードシステム)

 

 

バージョン情報

2018.09.19 Ver. 1.77

ハイローエントリーの改善。複数起動取引機能の復活。

2018.09.09 Ver. 1.76

有効期限の延長。ログにエントリー金額表示。

2018.03.20 Ver. 1.75

シグナルHIGHLOW判定キーワード追加。シグナル判定部分の修正。

2017.12.25 Ver. 1.5

・キャッシュバック金額も残高に追加。画面保存ズレの修正。メモリ限界チェック調整・追加。正常表示されない場合の対応処理。停止から再開時エラー出るものの修正。15分取り引きのタブ自動選択機能追加。

2017.11.21 Ver. 1.4

・「取り引き種類」切り替え時の不具合等の修正。メニューの文字サイズ拡大。シグナル取り引きキーワード追加。

2017.10.27 Ver. 1.3

・シグナル受信をメール受信からアラート直接受信へ変更(メール受信も可)

・利益上限設定を追加。

2017.10.10 Ver. 1.2

・対応シグナル追加。

 

 

 

4倍速

動画URL: https://youtu.be/1bwdaXJJy4E

 

このツールを利用する構成図(ツール名:BO-ADT

MT4は、無料で利用する事が可能。

 体験版配布中。ダウンロード=> こちら

ダウンロードできない方は、URLをコピーしてIEChrome等でHPにアクセスしてください=> http://firewolf.dip.jp/bina/

 

このツールは、MT4にセットしたインジケーターという仕組みを元にそこから発せられた①シグナルのメール

メールサーバ経由でキャッチし、自動で取り引きテストします。

実は、上の構成はパソコン1台の中に作り出す事ができるためユーザーの方にはその設定等も出来るよう

サポートするつもりです。こちらの構成がメインサブシステム(以下の新機能によりこちらはサブとなりました)となります。

 

現在、このような形ですが最近さらにこの真ん中にある「メールサーバ」抜きで動かす方法も思い付きましたので、

今後の機能改善、速度向上に繋がるのではないかと思います。

201711月にこの「メールサーバ抜き」で利用できる新システムの機能を導入しました。その流れとしては、「MT4」がシグナルをアラート表示し、そのアラートを「BO-ADT」が受信し、「ハイローオーストラリア」のサイトに取引を自動で行う。という仕組みになっています。この場合、上記の「メールサーバ」がなくても動作します。

さらに、自身が取引と同時に自動テストを動かす事も可能で、その様子を見ながら調子の良い時にリアル口座にて

取り引き(実際の取り引き)をする事も出来ます。

 

主な機能:

・シグナル受信から入札に至るまでの各間隔を自分好みに設定。
・シグナル発信から受信までのタイムラグを減少。
・複数のインジケーターにより複数のシグナル発信でも、狙ったシグナルのみで動作させる事が可能。
・複数端末、同一端末においても複数台のソフトを起動可能なため、一つのMT4で複数のインジケーターを並列的に検証可能。
・タイマー設定による自動開始・終了機能。
・マーチンゲール手法による自動トレード。(上記、Youtubeの動画を参照)
・手動による取り引きを簡易ボタンによりサポートし、入札金額の入力を省きつつマーチンゲール手法による取り引きも可能。
・ログや取り引き直後の画面(MT4、取り引き)を保存し、後から検証可能。
・取り引き画面を目立たないように必要ない時はトレード画面を隠す機能搭載。

 

注意点:リアル口座への自動ログイン機能を搭載しておりますが、公開(利用)直後のリアル口座での利用は

実際のお金のやり取りとなり、危険なためログイン出来ないようになっております。ユーザーの方々からの要望が

あれば早めてリアル口座での利用も検討しておりますが、先にデモにて自動取引を充分練習し、成立した手法にて

リアル取り引きを行っていただくのが安全な取り引きとなっています。

 

※将来的な追加機能としても既に幾つかがテスト中であり、予定されておりますので

さらなる機能アップをご提供できるようになっております。

 

 

TOP画面のメインメニュー

 

シングルシグナル設定

通知されるシグナル内のメール本文(仮:Stochastic Up

②で通知されるメール内の文字のうち、キーワード等の一部を指定し

①でその内容に含まれるハイロー(上か下)を判断するキーワードを選択。

 

手動サポート

取り引きサイトにおいて、画面内のボタンで取り引き出来る事ながら

マーチンゲール手法等のように自動的に入力金額をあげていく事が必要な場合に

上記の「結果勝ち」「結果負け」のボタンで判断し、金額を変更して自動入力され

手動での取り引きもサポートされます。

実質、「HIGH」「LOW」「結果勝ち」「結果負け」「今すぐ購入」の5つのボタンで

1回取り引き3クリックのみで取り引きが可能。

 

通貨や動作に関する設定①

①通貨等の選択設定(ログイン時自動設定)

②不具合時の動作確認用

③取り引きログをタイマー開始時に消すか否か

④取り引き後の画面、MT4の状況の画面を取り引き後に

保存するかしないか

⑤取り引き画面を見られては困る状況で、パネルで画面を閉じて塞ぐ。

※パネルは閉じていても、取り引き画面は保存されます。

 

動作に関する詳細設定②

さらに設定から詳細な設定を行う事が出来ます。

 

タイマー設定

取り引きが有効な時間帯で実行出来るように幾つものタイマー設定を

行う事が出来ます。

 

 

入札処理時間設定

 

シグナルの着信~購入する迄の微妙な時間設定を行う事が出来る事で

自分好みのタイミングを設定できます。

また、レート更新により入札が拒否された場合にすぐに再度トライするようにも設定出来ます。

 

マーチンゲール設定

 

マーチンゲール手法を用いる場合にここで設定する事により

自動的に金額を上げて取引する事が出来ます。

※マーチンゲール手法とは

最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として永らく愛されてきた。倍賭け法とも言われる。
まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、

一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法である。試行回数に関係なく、勝った時には1単位を得ることになる。
多くの場合には少額の勝ちであるが、負ける時は大敗する。負けが連続するとたちまちパンク、もしくはテーブルリミットと

呼ばれる賭けの上限に達してしまう。(参照:wikipedia

 

その他の設定

 

①は、ツール起動時に取り引き画面を隠すかどうかを設定します。

②取り引き画面の下に流れている経済指標のニュース部分を消します。

③表示される画面のサイズを設定します。

④シグナル発信から何秒以内のもであれば信頼して処理させるかを設定します。 

⑤ 設定された金額分の利益が出た場合に自動的に取り引きを停止。

⑥ キャッシュバック金額含む口座残高

15分取り引き自動タブ選択指定

 

取り引き結果、ログ

 

上の段が、取り引き結果。

下の段が、シグナル(メール)の受信状況や処理確認画面。

 

推奨環境:
Windows7
Windows10 32bit64bit対応)迄動作確認済
最大二台で利用可能。1台中、性能が許される限り複数起動可能。

 

問い合わせ

http://firewolf.dip.jp/contacth1ro/